図書館員が調べてみました! 2019.9

三月三日は上巳、五月五日は端午、七月七日は七夕...これらはみな江戸時代に制定された五節句で、現代でも身近な年中行事として親しまれています。さて、皆さんはこれらの節句を見比べて、何か気づくことはありませんか?

実は五節句のうち人日の節句(一月七日)を除く四つの節句は、「月」と「日」で一桁の同じ奇数が重なる日なのです。この法則をもとに考えると、最後の節句が何月何日かもうお分かりですね。最後の節句は九月九日、重陽の節句です。他の節句に比べ、現代の私たちにはあまり馴染みがないように思われますが、重陽の節句とは一体どんな節句なのでしょうか。

【調査結果】
「九」は陰陽道において陽数(奇数)の最大値であることからおめでたい数字として扱われているそうです。その「九」が重複する重陽の節句は縁起が良く、無病息災や長寿を願う節日であるといわれています。
起源は中国にあり、旧暦の九月が中国、日本ともに菊の見頃だったことから菊酒、菊祭りなど菊にまつわる風習が数多く残っています。  
中でも特徴的なのが着せ綿(被綿)で、九月八日の夜から菊を真綿で覆い、九日の朝真綿に浸み込んだ夜露で、顔や体を拭くというものです。現在ではほとんど見られなくなりましたが、着せ綿を再現する催しが杉並区の大宮八幡宮で、九月九日から十六日にかけて行われます。興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

『大人の常識 日本のしきたり・年中行事』板倉晴武/監修 KADOKAWA
『浮世絵で読む、江戸の四季とならわし』赤坂治績/著 NHK出版
『季節の行事と日本のしきたり事典ミニ』新谷尚紀/監修 マイナビ出版

「杉並区大宮八幡宮」公式ホームページ 2019/8/2確認 https://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/

*ミニコミ紙「待夢」2019.9掲載当時の内容を転載しています。