図書館員が調べてみました! 2019.7

いよいよ暑くなってきました。暑いとそうめんやざる蕎麦などひんやりした食べ物が美味しいですよね。特に私はかき氷やアイスなどの氷菓をよく食べるようになります。

かき氷は日本の夏の風物詩でもあります。天然氷を使ったかき氷は話題になりましたね。世界にも似たような氷菓はあるのでしょうか。暑さに負けずに調べてみましょう。

【調査結果】
世界には、かき氷に似た氷菓がたくさんあることがわかりました。例えば、韓国には小豆を乗せたパッピンスというかき氷があります。ビビンバのようによく混ぜて食べるそうです。

フィリピンはハロハロがあります。ハロハロとは「ごちゃごちゃまぜる」という意味です。アイスクリームやウベ(紫芋)の餡などをトッピングします。

イタリアはジェラートが有名ですが、ローマにグラッタケッカという、削った氷にシロップをかけ、時には果物を乗せるかき氷があります。

世界の冷たいお菓子はまだまだあるので、ぜひ調べてみてくださいね。


『ポプラディア情報館 世界の料理』 サカイ優佳子・田平恵美/編 ポプラ社
『世界遺産になった食文化 7』 服部津貴子/監修 こどもくらぶ/編 WEVE出版
『どんな国?どんな味?世界のお菓子② アジアのお菓子(2)』服部幸應・服部津貴子/監修・著 岩崎書店
『イタリア政府観光局(ENIT)公式サイト』2019/6/9確認 http://visitaly.jp/recommend/grattachecca-roma#

*ミニコミ紙「待夢」2019.7掲載当時の内容を転載しています。