図書館員が調べてみました! 2018.5

5月にはゴールデンウイークがあり、待ち遠しいですよね。5日のこどもの日の「端午の句」ともいい、兜などを飾って男の子の成長を祝う行事があります。この日にはこいのぼりを揚げ、柏餅を食べたり、菖蒲をお風呂に入れたりしますね。

それでは、いつ頃から5日は男の子のお祭りになったのでしょう。

【調査結果】
5日には中国が元々菖蒲や蓬を使って邪気を払う行事を行っていました。
それが日本に伝わり、平安時代には一般の人々にも広まりました。江戸時代になると、「菖蒲」の音が「勝負」や「尚武(武勇を重んじること)」につながり、男の子の成長を祝うお祭りへと定着していきました。
このように長い年月を経て5日は男の子をお祝いする日になりました。

今年の端午の節句には昔の人々に思いを馳せて楽しむのもいいかもしれませんね。

『「和」の行事えほん』 髙野紀子/作 あすなろ書房
『はじめて知るみんなの行事とくらし』 小泉隆義/編 学習研修社
『祭りと行事、昔と今』 市川健夫/監修 吉田和義/著 小峰書店
『年中行事読本』 岡田芳朗・松井吉昭/著 創元社

*ミニコミ紙「待夢」2018.5掲載当時の内容を転載しています。