図書館員が調べてみました! 2018.11

前回は運動の秋を取り上げました。そこで、今回は「食欲の秋」をテーマに調査を行いたいと思います。
秋を代表する食べ物はたくさん挙げられますね。どれを選ぶか悩ましいですが、デザートとしても、ご飯としても食べられる「栗」について考えてみましょう。

まず、第一の疑問として栗は果物でしょうか?それとも野菜でしょうか?調査してみます。

【調査結果】
まず、果物と野菜の区別ですが、これについてはいまだに研究がされており、はっきりしていないようです。一般的に果物は木になる実のものを指すそうです。農林水産省もこの基準をとっています。
これに則ると、栗は木からなっているため、果物と判断されます。
私たちと栗の関係は長く、縄文時代から食べられていたそうです。また、食べるだけでなく、木は木材としても利用されます。

今回調査の過程で、栗を「ナッツ類」に分類している資料もありました。野菜と果実だけでなく、別の分類もあるようですね。他の植物も調べてみると新しい発見があるかもしれません。

『小学館の図鑑NEO 野菜と果物』板木利隆 他/監修 小学館
『ポプラディア大図鑑WANDA 植物』池田博/総合監修 ポプラ社
『学研の図鑑 植物』 芳賀靖彦/編 学研プラス
『ものと人間の文化史166・栗』今井敬潤/著 法政大学出版局
『農林水産省』http://www.maff.go.jp/