図書館員が調べてみました! 2017.12

寒い季節になりました。秋には動物たちが食べ物を探して町に下りて来る...なんてニュースもありましたね。
まもなく訪れる冬を過ごすための準備をしているんです。動物の冬の過ごし方と聞いて一番に思いつくのは冬眠です。「冬の間ずっと眠っていられるなんていいなぁ」と思ったことは無いですか?

そこで「どうして人間は冬眠出来ないのか?」を調べてみました。

【調査結果】
 『楽しい調べ学習シリーズ 冬眠のひみつ』近藤宣昭/監修 PHP研究所 2017.9
 『なんでもまる見え大図鑑』ジャクリーン・ミットンほか/著
              左巻健男/日本語版監修 河出書房新社 2014.11

こちらの本によると、体温調節が出来るか否かが重要とのこと。周りの温度に合わせて体温を調節する『変温動物』は冬には体温が下がり動けなくなります。カエルがそうですね。
逆に私たち人間は一年中同じ体温を保ちます。服を脱いだり着たり、体温調節が出来る『恒温動物』になります。
恒温動物の殆どが哺乳類なのですが、冬に食べ物を見つけられないヤマネやリスなど体の小さい動物は冬眠して春を待ちます。

私たち人間に冬眠は必要ないのです。残念ですね。

*ミニコミ紙「待夢」2017.12掲載当時の内容を転載しています。